マーケティング戦略その5-3 製品ライフサイクル お客さまの課題に応じたトータルな支援を行います

製品ライフサイクル

製品ライフサイクル

製品の売り上げは、新発売から時間の経過と共に「導入期」、「成長期」、「成熟期」、「衰退期」の各段階を辿ると言われています。段階ごとに顧客の認知度、理解度、競合状況などが異なるため、マーケティング戦略も変えていかなければなりません。マーケティング戦略は、製品単体を見て固定するのではなく、製品ライフサイクルという大きな視点で製品を捉え、柔軟に対応していくことが大切です。

4段階の製品ライフサイクル

導入期

市場が発達する初期段階で、シーズ発想から生まれた新製品や新技術によって市場が創出された場合を指しています。この段階では、消費者の認知が浅いことから、製品の使用方法や従来品との比較を打ち出し、新製品の優位性をアピールする顧客コミュニケーションに注力したマーケティング戦略が用いられ、迅速な顧客コミュニケーションには、多大なマーケティング・コストを要することが想定されます。

成長期

新製品が市場に浸透してくると、消費者の認知が高まり、同時に製品の使用法用や従来品との違いに関して理解度が高まります。また、製品に対する細やかなニーズが生まれ、製品の改善が求められます。この段階では、競合の参入も相次ぐことから、他社製品との差別化を打ち出し、自社製品の優位性をアピールし、市場のシェアを獲得(又は維持)するマーケティング戦略を行わなければなりません。製品戦略では、多様化したニーズに合わせた製品ラインの拡張を行う場合が多くあります。

成熟期

製品が市場に完全に浸透しきると各企業は市場シェアの最大化を図ります。この段階になると、市場シェアの大半を獲得したリーディング企業が存在し、リーディング企業は市場シェアの維持を図り、サービスの向上や製品の低価格化が始まります。対照的に、市場シェアの低い企業は生き残りをかけ、特定のセグメントに対する集中化型マーケティングを行うようになります。

衰退期

成熟期を経て製品は衰退期を迎えます。この段階になると、市場シェアは縮小し、売上・利益ともに減少していきます。新たなマーケティング戦略が不要な事もあり、リーディング企業は利益を生み続けることができますが、市場シェアの低い企業は、撤退するか、更なる改新を加えた新製品を市場に投入するか、いずれかの戦略をとることになります。

製品ライフサイクルのパターン

製品ライフサイクルにはいくつかのパターンがあります。戦略を見誤らないためにも、それぞれの特徴を理解しておかなければなりません。自社製品のライフサイクルがどのパターンにあてはまるのかを判断する分析力も、マーケティング戦略に不可欠な要素の一つです。

  • 流行スタイル型 流行のスタイルが発売される度に、 市場のニーズが増す。

  • ファッション型 なだらかな弧を描き成長し、 時間の経過と共に衰退していく。

  • ブーム型 ブームにより急激に市場のニーズが増し、 急激に衰退していく。

  • 遅咲き型 発売から時間が経過しているが、 オピニオンリーダーの推奨などにより ブレイクする。

  • 持続・継続型 長期間にわたり人気を得ている。 ロングセラー。

プロダクト・エクステンション(Product Extension)

プロダクト・エクステンションとは、製品ライフサイクルのタイムスパンを伸ばすために積極的に行うマーケティング手法で、市場ニーズの変化に合わせマーケティング戦略を見直し、様々な修正を重ねることで製品寿命を延ばしていくことを指しています。具体的には、パッケージや容器デザインの変更、製品スタイルの変更(飲料であれば缶からパックに変更など)、製品のリ・デザインなどがあげられます。また、デザインの変更に合わせポジショニングの修正や、広告宣伝によるイメージの刷新などが行われることもめずらしくありません。

  • スタイル変更→パッケージデザイン・製品デザイン etc.

  • 特性追加→新機能搭載・仕様追加 etc.

  • 品質改善→耐久性の向上・ノイズ対策 etc.

  • 性能向上→音質改良・バッテリー向上 etc.

お客様の声

打ち合わせ可能エリア

東京 埼玉 千葉 神奈川 茨城

その他エリアはご相談下さい。

当社は東京都港区南青山(最寄駅:青山一丁目・外苑前)立川市(最寄駅:立川)にオフィスを構えておりますので、都内近県へはミーティングにお伺いさせて頂いております。