マーケティング戦略その1 マーケティング環境分析 お客さまの課題に応じたトータルな支援を行います

マーケティング環境分析とは

マーケティング環境分析とは

マーケティング環境分析とは、事業に影響を与える可能性のある外部環境・内部環境の様々な要因を分析し、市場にある機会と脅威を把握することで、自社にとっての機会と戦略の方向性を探ることにあります。めまぐるしく移り変わる環境変化を敏感に察知し、自社の強み・弱みを再確認し、柔軟に対応するためにも、マーケティング環境分析は不可欠です。環境分析は大きく「外部分析」と「内部分析」に分けることができ、内部・外部環境を的確に分析することで、はじめて具体的なマーケティング戦略を検討するための準備が整います。

内部環境分析

マーケティング環境分析とは

内部環境分析とは、自社でコントロール可能な経営資源の分析を指しており、具体的には、経営戦略、製品特性、人的資源、資金力などがあげられます。 自社の強みと弱みを明確化していくことで、以降のマーケティング戦略検討の準備を整えます。内部分析は「SWOT分析(Strengths-Weaknesses-Opportunities-Threats Analysis)」 を用いて行うと分かりやすく、現状をそのままに捉えるだけでなく、市場の脅威を機会として、また自社の弱みを強みに置き換えるなど、ポジティブに転換していくことが大切です。

外部環境分析

マーケティング環境分析とは

マクロ環境とは、自社でコントロール不可能な外部環境で企業活動への影響力を持つものを指しており、具体的には、政治・法律 (規制緩和・制度改定・法律改正など)、人口動態(性別、年代、世帯構成など)、経済(個人消費、経済成長率など)、技術(新技術など)、 生態環境(自然環境など)、文化(地域によるライフスタイルなど)、社会(治安、交通など)があげられます。
なかでもマクロ環境の代表とされる「政治・法律(Political Environment)」「経済(Economic Environment)」 「社会(Social Environment)」「技術(Technological Environment)」の頭文字をとったPEST分析が重要だとされています。

顧客分析

顧客とは、主に潜在顧客の分析を指しており、具体的には、購買人口、潜在顧客のニーズ、購買決定者、購買要因、購買決定プロセス、などがあげられます。企業は潜在顧客をよく知らなければ、効率的かつ効果的なマーケティング戦略を構築することはできません。

購買人口

潜在顧客の想定人数、潜在地域、年齢層、男女比など

顧客ニーズ

顧客の抱える現状の問題点、顧客のニーズなど

購買決定者

購買決定者(意思決定者)は誰か、
購買を後押しするのは誰か

購買要因

ブランド、価格、市場浸透性、興味など

購買決定プロセス

いつ、どこで、なにを、どのように、いくらで購買を行うのか

競合分析

「マクロ環境分析」「顧客分析」が市場のニーズを把握するための分析に対し、「競合分析」は市場のシェアをいかに得るかを戦略的に行うためのもので、 競合他社の強み・弱みを把握することで、自社のマーケティング戦略を効率的かつ効果的に構築することができるようになります。
具体的には、競合他社の経営資源、ポジショニング、マーケティング・ミックス(製品戦略、価格戦略、流通戦略、プロモーション戦略)などの分析があげられ、 現状の競合他社だけではなく、今後、異業種から参入する可能性の高い潜在的競合や代替技術なども視野に入れる必要があります。

環境分析は、内部環境である自社分析(Company)と、 外部分析である顧客分析(Customer)・競合分析(Competitor)の 3つをまとめて3C分析と呼ばれています。

【競合分析の対象】

現状の競合他社

業界のリーディングカンパニー、ライバル社など

異業種から参入する可能性の高い潜在的競合

自動車産業のスズキが2輪事業に進出など

外資系企業

新規事業、M&Aなど

代替技術

原油に対するバイオ燃料など

お客様の声

打ち合わせ可能エリア

東京 埼玉 千葉 神奈川 茨城

その他エリアはご相談下さい。

当社は東京都港区南青山(最寄駅:青山一丁目・外苑前)立川市(最寄駅:立川)にオフィスを構えておりますので、都内近県へはミーティングにお伺いさせて頂いております。