ビジネスを成功へと導く マーケティング戦略 お客さまの課題に応じたトータルな支援を行います

マーケティング戦略とは

マーケティング戦略とは

マーケティングの役割は、市場ニーズや顧客満足を的確に捉え、市場の変化に合わせ 「商品販売の仕組み作り」を構築することにあります。マーケティング戦略は、 ①環境分析、②課題の抽出、③ターゲット市場の選定、④ポジショニングの確定、⑤マーケティング・ミックスの検討、⑥計画の実行、のプロセスの中で策定されていきます。

マーケティング環境分析

マーケティング環境分析とは、事業に影響を与える可能性のある外部環境・内部環境の様々な要因を分析し、市場にある機会と脅威を把握することで、自社にとっての機会と戦略の方向性を探ることがマーケティング戦略の第1フェーズです。
めまぐるしく移り変わる環境変化を敏感に察知し、自社の強み・弱みを再確認し、柔軟に対応するためにも的確なマーケティング環境調査は必要不可欠だと言えます。

外部環境分析 マクロ環境分析 顧客分析 競合分析 内部環境分析 自社分析(SWOT分析)

マーケティング課題の抽出

マーケティング課題の抽出は、自社の目標を明確化し、目標達成のために課題となる項目を抽出するフェーズで、マーケティング戦略において最重要項目と言っても過言ではありません。また同時に、自社の経営方針、事業特性、経営資源を整理し見直すことで、「抽出された課題をどのように解決していくのか」の糸口をつかむことができるようになります。

目標 課題1 課題2 課題3 自社の経営方針 事業特性 経営資源

ターゲット市場の選定

マーケティング課題の抽出から、自社の進むべき方向性を策定することができたら、自社がターゲットとするセグメント(購買行動において似通っている顧客層)を選定し、セグメンテーション(共通するニーズに着目し、市場の意味のある集団に分類すること)を行います。市場全体にアプローチするのか、または市場の中でもよりニッチな市場を狙うのか、または最も容易に参入できそうな市場を狙うのか、ターゲット市場の選定を行い、市場攻略方針を検討することで、自社の方向性がより具体的になっていきます。

ポジショニングの確定

ポジショニングの目的は、選定したターゲット市場において自社製品(自社サービス)が他社製品(他社サービス)よりも魅力的であると認知してもらえるポジションに自社を位置づけることにあります。①②③のフェーズで導き出されたマーケティング戦略をもとに、自社が目指すポジションを見つけ出し、自社製品・自社サービスをより具体化していきます。

マーケティングミックスの検討

マーケティング・ミックスとは、「製品戦略(Product)」「流通戦略(Place)」「価格戦略(Price)」「プロモーション戦略(Promotion)」の4P戦略を指しており、これらのマーケティング・ミックスが市場のニーズと合うことで、商品の売れる仕組みがはじめて構築できると言えます。

計画の実行

マーケティング・ミックスが整ったらいよいよ計画の実行です。実行は、行動計画をしっかりと組み立て、迅速かつ着実に、戦略シナリオに沿って行います。この際、予測損益計算書の作成も忘れてはなりません。また、実行中の進捗状況確認や軌道修正を都度行っていくことも重要です。

■PDCAサイクル

Plan(計画) 従来の実績や将来の予測などをもとにして業務計画を作成する
Do(実施・実行) 計画に沿って業務を行う
Check(点検・評価) 業務の実施が計画に沿っているかどうかを確認する
Act(処置・改善) 実施が計画に沿っていない部分を調べて処置をする

お客様の声

打ち合わせ可能エリア

東京 埼玉 千葉 神奈川 茨城

その他エリアはご相談下さい。

当社は東京都港区南青山(最寄駅:青山一丁目・外苑前)立川市(最寄駅:立川)にオフィスを構えておりますので、都内近県へはミーティングにお伺いさせて頂いております。