カタログ作成ワークフロー

カタログ作成手順

ヒアリングイメージ

パンフレット作成PROでは、カタログの費用対効果を最大化させるため、
各フェーズにおいて数多くの施策を実施しています。
作成手順(ワークフロー)に沿ってその一部をご紹介させて頂きます。

ワークフロー

1.お問い合わせ~アポイントメント

お問い合わせ~アポイントメント

お客様のご都合に合わせて指定先へ訪問

最寄りの弊社事務所へ直接お電話又はメールフォームにてお問い合わせください。現時点でお考えの媒体種別/サイズ/部数/納品希望日などを簡単にお伺いの上で、お客様のご都合に合わせて弊社ディレクターがお伺い致します。
開業前や事務所改装時など、貴社内での打合せが困難な場合にも喫茶店などでの打合せが可能です。現在お持ちの制作物やイメージに近いデザインサンプル、競合企業の広告物などがございましたら予めご用意ください。

2.キックオフミーティング

キックオフミーティング

綿密なヒアリングによる情報収集

会社案内、商品パンフレット、製品カタログ…など主な用途によって一定のカテゴライズはされても、お客様ごとに業種や訴求対象、効果的なアプローチ方法などが異なります。パンフレット作成PROでは、費用対効果を最大化させるためにキックオフミーティング時のヒアリングを重要視しています。ヒアリングは弊社ディレクター主導で行われ、訴求対象(一般消費者/新規企業/既存企業等)や対象層(性別/年齢/所得 等)、市場に照らした貴社の強みと弱み(価格/品質/独自性/アフターケア/ネットワーク 等)、主な用途(営業資料/資料送付/店頭設置/広域頒布 等)など、潜在化されたお客様の思考をヒアリングによって引き出します。

3.企画立案・構成の検討

企画立案・構成の検討

現状分析と要件定義による企画コンセプト策定

顕在化した情報を基にお客様の現状分析・市場分析・競合分析などのマーケティング要素を交えて要件定義、企画コンセプトを固めて具体的な制作計画に落とし込みます。
制作物のサイズや仕様、ページ構成や掲載コンテンツ、デザイン性やコピーライティング、用紙・加工・配布方法に至るまで、お客様に最適なご提案をさせて頂きます。

企画提案書の作成

弊社にて策定した企画意図を明確にお伝えし、承諾を頂くため企画書を作成の上でプレゼンテーションを行います。ご希望の納品日から逆算し、制作着手から写真撮影、コピーライティング、校正確認、校正終了~色校正、印刷~納品までの制作スケジュール表と共にご説明させて頂きます。

デザイン草案の作成

より具体的なビジュアル化をご希望のお客様には、ご予算に応じてデザイン草案を作成しております。社内会議は勿論、お客様へのプレゼンテーション利用などにもご活用ください。

4.ご提案

共通認識を実現するプレゼンテーション

パンフレット作成PROでは、ご担当者様・プロジェクトチーム・意思決定者様間での共通認識促進やコンセンサスを目的として、企画提案書やデザイン草案を基軸としたプレゼンテーションを行っています。
プレゼンテーションによる効果は制作コンセプトの相互理解や情報共有だけでなく、広告戦略の発展などにも繋がります。

カタログ作成オプション

写真撮影

売れるカタログ”のキーポイント フォトクオリティ

カタログに使用される写真の善し悪しは、商品やサービスの品質と直結して認識されるのはもちろんのこと、紙面のデザインクオリティにも強い影響を及ぼし、訴求力の差となって明確に表われます。カタログ写真の重要性を理解している弊社では、お客様の予算が許す限り3年・5年・10年後の中長期的な営業戦略も視野に入れ、プロカメラマンによる撮影を推奨しております。

商品撮影
作り手の想いを伝える
プロダクトカット
売れる商品写真を撮影するためには、商品のフォルムやディテールをありのままに伝えるだけではなく、訴求ポイントにフォーカスし、商品の持つ機能美や素材感、作り手のこだわりまで表現する必要があります。しかし、これらを写真で伝えるのは容易ではなく、撮影機材や技術は勿論のことコーディネートスキルやセンスが不可欠です。
パンフレット作成PROでは、数多の撮影で培ったディレクション経験を基に、訴求ポイントに客観性も加味し、興味・想像をかきたて物欲を刺激する”売れる商品写真”を撮影します。
※モデル撮影や他商品と組み合わせのシーン撮影もご相談ください。
※商品輸送上の問題がある場合や、撮影点数が多い場合も出張撮影が可能です。
料理撮影
”今”食べたくなるシズル感
人は視覚から得る情報が8割と言われていますが、とりわけ料理写真の善し悪しは注文是非に直結します。売れる料理写真を撮影するためには、料理の色彩やボリューム感への配慮は当然のこと、食欲を刺激する「シズル感(料理から立ち上る湯気や冷気、食感や香りなど食品の味わいを想起させる臨場感)」の演出が必要不可欠です。また、料理写真では小物を配して四季折々の風情を演出し、食材の”旬”を伝えることで注文の動機づけが可能です。
パンフレット作成PROでは、数多の撮影で培ったコーディネート経験を基に、食欲を刺激し今食べたくなる”売れる料理写真”を撮影します。
※フードコーディネーターやフードスタイリスト随伴での出張撮影も可能です。
人物撮影
職場の活気とパーソナリティが
伝わるポートレート撮影
人物撮影で大切なことは、モデルの信念や人柄、生き様などのパーソナリティを表情や姿勢、しぐさなどのポージングよって表現することです。多くの場合、撮影対象となるのは、プロの職業モデルではなく、企業の代表や現場で働くスタッフ達であるため、撮影に自然体で臨むには現場の雰囲気づくりやコミュニケーションが欠かせません。
パンフレット作成PROでは、数多の撮影で培ったコーディネート経験を基に、個人のパーソナリティや意欲が伝わるポートレートを撮影します。
※撮影対象者のスケジュールに合わせて臨機応変に対応致しますのでご相談ください
撮影方法の種類
出張撮影 お客様のご指定先に訪問し、機材を組み上げて撮影致します。社屋や事務所内などの撮影はもちろんのこと、移動困難な大型商品や厨房が必要になる料理写真などは出張撮影にて対応させて頂いております。
※撮影時には機材を組めるだけの撮影スペースが必要となります。スペース確保が難しいと思われる場合には予めご相談ください。
お預かり撮影 物撮り用の小物に限り、一旦商品をお預かりして撮影致します。生鮮食品を始めとした短時間で品質劣化する対象物については出張撮影にて対応させて頂きます。
ロケーション撮影 商品イメージやカタログ掲載に適した風景や場所などに出張撮影を致します。ロケ地の選定(ロケハン)についてもご相談ください。
スタジオ撮影 クラシカル・カントリー・オリエンタル・純和風・モダンなど様々なインテリアテイストのスタジオにて撮影を行います。商品イメージや利用シーンをお聞かせ頂ければ、よりイメージに近いクロスオーバーテイストのスタジオもご提案致します。
取材・インタビュー
ユーザーの心に届く
直感的に伝わるメッセージ
自身が考えている内容でも、いざ文章に起こすとなると意外と難しいもので、ましてや“ユーザーの心に響く/直感的に伝わるメッセージ”とすればなおのことだと思います。パンフレット作成PROでは、取材経験豊かなディレクターやライターが取材対象者とコミュニケーションをとりながら、その人ならではの感性や本音を引き出し、熱い想いや人柄が伝わるメッセージを書き起こします。
コピーライティング
消費者の目を奪い、
興味を惹くコピーライティング
コピーライティングは、消費者行動プロセスの初期段階【1.注目・注意】と【2.興味・関心】に多大な影響を与え広告内容へと誘導する役割を担っている他、製品やサービスの質・効果に対して期待を煽る【3.欲望・欲求】の刺激にも強く作用します。パンフレット作成PROでは、ベネフィット訴求、客観性明示、好奇心刺激、感情刺激など様々な手法で消費者心理にリーチし、広告効果の最大化を図ります。
翻訳
ビジネスのボーダーレス化
多業種・多言語に対応
近年、ビジネスのボーダーレス化に伴い、翻訳を必要とされるお客様は海外に進出している輸出企業だけに留まらなくなりました。ホームページ経由での資料請求や取引依頼、展示会出展での作成資料など例を挙げれば枚挙に暇がありません。事業活動に伴う翻訳では低料金や短納期であることだけでなく、同事業の翻訳経験・言語能力・翻訳能力を兼ね備えていることが必要不可欠です。パンフレット作成PROでは、豊富な受注経験から様々な業種・業界に明るく、英語・中国語・韓国語・フランス語・イタリア語・ドイツ語 他、多くの言語にも対応しています。

このページのTOPへ戻る

5.色校正

色校正

印刷仕上がりの事前確認

掲載コンテンツが固まり、デザイン&文字校正の終了連絡(校正終了)を頂いた後に色校正を行います。パンフレットの色校正には実際の印刷と同じ用紙・インキ・印刷機を使用する「本機校正」、実際と同じ用紙・インキを使用する「本紙校正(平台色校正)」、専用紙・専用インキ・専用機による出力を行う「DDCP校正(簡易色校正)※」があります。印刷仕上がりの精度が求められる案件には本機校正や本紙校正を推奨しております。
※DDCPとはDirect Digital Color Proofingの略。校正紙を校正専用機で刷らず、専用紙に直接出力するカラーシミュレーションシステム又はそれを用いた校正方法の呼称です。

6.印刷・加工

印刷の種類

カタログの目的や訴求方法に適した印刷方法をご提案致します。

印刷方法 FMスクリーン印刷 印刷面の網点(ドット)が目立ちにくい高精細印刷。色域の広さ・鮮度の高さから鮮やかな色再現性をもつFMスクリーン印刷は、フォトスタジオや飲食店など写真クオリティが求められる製作物、金属のビビッド感が求められる工業製品カタログなどの製作物に適した印刷方法です。
RGB印刷 従来の4色フルカラー(Cシアン/Mマゼンタ/Yイエロー/Kブラック)では再現出来なかったRGB特有の広色域が再現可能な印刷方法。
UV厚盛(盛上)印刷 紫外線で瞬時に硬化する特殊インクを使用し、凹凸表現を可能にした印刷方法。盛り上がった部位の手触りやビジュアルインパクトは絶大でエンターテイメント性に優れ、競合他社カタログとの差別化にも適しています。
環境対応型印刷 企業の社会的責任(CSR=Corporate Social Responsibility)に対する明確な意思表示は、社会貢献やイメージアップに繋がります。
水なし印刷
(シール画像)
社会問題化している有害廃液「揮発性有機化合物(VOC)」が一切出ない環境に優しい印刷方法です。水なし印刷使用時には”水なし印刷シール”の表示によって環境に配慮した企業であることをアピールできます。
インクの種類 植物性インキ
(シール画像)
大豆インキ(ソイインキ)に代表される植物性インキは「揮発性有機化合物(VOC)」を抑えた又は含まない環境に優しいインキです。中でも石油系溶剤の配合率が1%未満の「ノンVOC(揮発性有機化合物)インキ」は「ベジタブルインキ」とも呼ばれ、大豆インキ(ソイインキ)よりさらに環境に優しいインキです。
UVインキ 紫外線照射で硬化するこの特殊なインキは、揮発性有機化合物(VOC)が配合されておらず、環境に優しいインキです。

加工の種類

カタログの目的や訴求方法に適した加工方法をご提案致します。

加工方法 折加工
(おりかこう)
デザインギミックの演出やページネーションに影響する折加工。
折加工とは、印刷物を目的や用途に適した形状に折りたたむことを指します。折り方ごとに異なる面構成の変化を活かしてデザインギミック(仕掛け)の演出、カテゴライズ明確化、一覧表示化など、独自性追求やページネーションの向上など、様々な活用法があります。折加工を上手に利用すれば印刷物の与える印象や品質を高めることが出来ます。
製本加工
(せいほんかこう)
デザインレイアウトやユーザビリティにも影響を与える製本加工。製本加工とは、情報量の多い印刷物を目的や用途に適した冊子計上に束ねることを指します。製本仕様ごとに長所・短所が大きく異なり、デザインレイアウトやユーザービリティに強い影響を与えるので、弊社ディレクター主導でカタログの目的や主用途に適した製本加工をご提案させて頂きます。
PP加工
(ぴーぴーかこう)
視覚効果と機能性が得られるPP加工。PP加工とは、用紙表面にポリプロピレンのフィルムを圧着させる加工を指します。フィルム種別ごとに異なる演出性をもち、インク発色感やグロス感を強調するクリアPP、落ち着いた質感のマットPPなどがあります。PP加工による効果は上質感や視覚効果だけに留まらず、防汚・耐水・色落ち抑止・耐摩擦性など様々な機能性を得られます。
箔押し加工
(はくおしかこう)
プレミアム感を演出する箔押し加工。箔押し加工とは、パンフレットの表紙やブックケースに箔を圧着する加工を指します。箔にも様々な種類があり、光沢に優れ高級感演出に適した金・銀・パールなどのメタリック箔、ボリューム感があり紙・プラスチックなど様々な素材に適応する顔料箔、煌びやかなビジュアル性と偽造防止効果に優れるホログラム箔などがあります。箔押し加工を行うことでロゴマークやロゴタイプはもちろんのこと、通常のテキストであっても上質感が付加され、カタログを手に取った方にプレミアム感を与えることが出来ます。
型押し加工
(かたおしかこう)
シンプルな上質感を醸す型押し加工。型押し加工とは、専用版に成型した模様を強力な圧で押しつけ凹凸を与える加工を指します。素材自体に凹凸をつけることでロゴマークやロゴタイプをシンプルに際立たせ上質感を演出します。
型抜き加工
(かたぬきかこう)
オリジナリティとエンターテイメント性を醸成する型抜き加工。型抜き加工とは、意図した形状に印刷物をくり抜く加工を指します。独自形状に型抜きされたカタログは、数多並べられたカタログ群の中でも一際目立つ強烈なビジュアルインパクトを持ちます。また、型抜きはデザインレイアウトにも革新的な自由度を与え、手にした者が人に見せたくなる、保管しておきたくなるほど、飛躍的にエンターテイメント性が向上します。

お客様の声

打ち合わせ可能エリア

東京 埼玉 千葉 神奈川 茨城

その他エリアはご相談下さい。

当社は東京都港区南青山(最寄駅:青山一丁目・外苑前)立川市(最寄駅:立川)にオフィスを構えておりますので、都内近県へはミーティングにお伺いさせて頂いております。