ブランド拡張 BRAND EXTENSION

ブランド拡張

ブランド・エクイティを活かした成長戦略に多く用いられるのが「ブランド拡張」です。ブランド拡張とは、既に確立されたブランドを他のカテゴリーに使用するもので、新規ブランドの立ち上げに必要な投資と時間を大幅に削減することができます。但し、ブランド拡張は既存ブランドの価値を損なう可能性を秘めており、施策には細心の注意が必要です。

ブランド拡張時のPOINT

ブランド拡張パターン

ブランド拡張の方向性を検討する際は、そのブランドのカテゴリーと補完性のある製品カテゴリーをリストアップしてブラッシュアップすると最適なブランド拡張が見えてきます。過去にアメリカで発表された論文によると、ブランド拡張は7つのパターンに分類できたといいます。

7つのランド拡張パターン 参考例
① 異形態への拡張 カップラーメン→袋入りラーメン、カップアイス→アイスバー
② 原料・成分を利用した拡張 コーラ飲料→コーラ飴、酸素水→酸素水の化粧水
③ カテゴリーでの拡張 アウトドアグッズ→ウエア、シューズへの拡張
④ 同一顧客への拡張 銀行→クレジットカード、保険、国債
⑤ 技術・知識を活かした拡張 家電メーカー→電動自転車、携帯電話、パソコン
⑥ 属性・特長を活かした拡張 美容整形外科プロデュースのダイエットマシン、スポーツメーカーの栄養ドリンク
⑦ イメージからの拡張 in The Room監修のマンション、帝国ホテルのビーフカレー缶詰
【注意!】ブランド・ダイリューション(Brand Dilution)

WARNING

ブランドは安易に拡張すると、ブランドが希薄化するブランド・ダイリューションを引き起こすことから、戦略的かつ計画的な拡張を行わなければなりません。また、ブランド拡張には限度があり、売り上げ拡大の可能性と現行のブランドに悪影響を及ぼすリスクがあることも視野に入れなくてはなりません。

お客様の声

打ち合わせ可能エリア

東京 埼玉 千葉 神奈川 茨城

その他エリアはご相談下さい。

当社は東京都港区南青山(最寄駅:青山一丁目・外苑前)立川市(最寄駅:立川)にオフィスを構えておりますので、都内近県へはミーティングにお伺いさせて頂いております。